札幌アトリエ

 十彩オーダーを仕立てる JAPAN 縫製チーム

 本革から手織り布、ニットなどあらゆる素材を縫い合わせる事ができる十彩の要。

 十彩ブランドは、ここから生まれてきました。

 

 十彩設立前より支え続けている縫製スタッフ。

 もちろんこちら日本も 笑顔が溢れる職場…

 裏方に徹しているので、笑顔カットはNG!

 

 10人といろ それぞれが個性を発揮して、ストレスの無いものづくりができる

 職場環境をToiroesでは、心がけています。

 

 みんながいるから十彩が生まれてくる。

 お客様、スタッフそれぞれが、それぞれの場所で…

 心地いいと感じる時…私達は笑顔で繋がっています。

 

 心あたたまる十彩、実感してみてください。

 

バリアトリエ

 十彩オリジナル商品をバリ島にて作成しております。


十彩ブランドは…



みんなの笑顔が作り出す



一人ひとりが心地いいと思えるお洋服…



それは、作り手も心地いいって思える場所で…



心地いい仲間と一緒に 作ること…



十彩を着た瞬間… ホッとする優しさに包まれて…

また一日 そこに笑顔が生まれて… 笑顔の連鎖











心カラダ元気になるために…

私達は、これからも一人ひとりの

笑顔の為にお洋服を、作り続けていきます。



ネパールアトリエ



十彩ブランド誕生!

それは…

1997年ネパールで手織り布に出会った

ことが一つのきっかけだった…


しかし、10年ぶりに行ったネパールの街には、

手織りではない布が手織り布として売られ…

農村地帯では空っぽの機織り機…

若者は民族衣装からジーンズに…

街の人達のファッションは大きく変化していました。



失った日本人だから、伝えられること…

ネパールの手織り布で洗濯機で洗っても

型崩れしない仕立てが出来る技術があれば、

布を生かす事ができる

自分達の伝統工芸の素晴らしさに、

ネパールの人達に気がついて欲しい。

十彩のような一点ものでは、

多くの人達には伝わらず

この手織り技術は消えてしまう…

ネパールの手織り布をもっと世界中に広めたい。



技術がものを救い、人を救う。

そしてそれは多くの人達の喜びを生み出す。


その喜びをネパールの人達とも感じたくて…


別ブランドを ネパールの人達と作る事を決意 !

アトリエにもようやくミシンが揃いて、

これからという時でした…


ネパール大地震… マグニチュード7・8

共同構築中だったアトリエ所在の街も

被災地になりました。



乗り越えられないことはやってこないと

私は思うのです。

越えられた時、もっとそこには、

大きなものが存在している

という事だけは確信しています。


それは今は…

何かはわかりません。

わからないから…

夢という言葉があるのかもしれません。

ネパールの仲間達と復興を願い…

出来る事を一つひとつ…

夢に向かって共に歩んでいきたい

ご理解ご協力お願いします。

              デザイナー Aya